低体温が招く!体調不調からくるシミ・シワ・タルミ!改善策は?

平熱が35度台の状態を「低体温」です。一般的に日本人の平熱は36~37度です。たった1~2度の差で、低体温はさまざまな身体の不調を招いてしまいます。「薄毛・抜け毛」もその症状の1つと言われ、薄毛の人は低体温だと言われています。低体温になる原因から低体温の改善方法をお伝えします。

低体温になる原因

「神様が定めた体温は37度」で、36.5度~37.1度が健康に暮らせる体温と言われております。近年、36度を越している方が少ないです。35度台の人がとても増えています。どうして低体温の方が増えているのでしょうか。その原因は3つあります。

・身体的ストレス→病気やケガ、身体に負担がかかるもの、アレルギーなど、身体が直接受けるストレス

・精神的ストレス→家庭・職場などの日常生活や人間関係から受ける精神的に受けるストレス

・環境によるストレス→自然界や社会生活から受ける電磁波や環境汚染からくるストレス

それら上記によって自律神経のバランスやホルモンバランスが崩れ、身体の変化が引き起こされます。自律神経のバランスが崩れると、血流が悪くなり、血管が収縮した状態のままに陥ると、体温が低下してしまいます。また、ホルモンバランスが崩れると、細胞低下するため、細胞のエネルギーが低下することで熱がでません。その結果、体温が下がってしまうのです。

低体温はなぜ不調に?

低体温になると、免疫力が低下してしまい、体調を崩しやすくなります。体温が36.5度を保たれていると、体内の免疫機能がフル活動しますが、体温が1度下がると免疫力は30%低下してしまいます。免疫力が低下すると、カゼなど感染症にかかりやすくなるなど、アレルギー症状が出やすくなり、あらゆる病気にかかりやすくなったりします。

体調不調でもっと怖いのが、ガン細胞が増加・繁殖するのに最適な温度は35度です。つまり低体温の状態は、ガン細胞が活発になる環境になっているからです。女性に多い子宮頸部ガンは、ヒトパピロスという、誰もが持っているウイルスが原因で引き起こされるのです。これは免疫力が落ちると増殖してしまうのですら、低体温はガンの増殖を招きます。

ヒトの身体は、60兆個もの細胞できていて、細胞の中では、酵素が作られます。酵素は温度が高いほど活性化します。酵素は、48度までは壊れることはないのです。体温が高いほど、酵素は活性化している状態になり、免疫力が上昇します。カゼなど、ウィルスが体内に侵入した際、高熱が出て免疫力を高めるため、身体の防御システムが働いて、菌と闘ってくれます。

肌表面に表れるのが血行不良になりシミ・シワ・タルミの原因にも繋がります。

モイスポイントの口コミ評価

体温を上げる習慣

強制的に体温を上げて汗をかくことが、低体温の改善につながります。簡単に習慣になる例えでご説明します。

バスタブに肩まで浸かり汗をかくことです。お湯の温度は、副交感神経が優位になる「41度」がベストです。42度になると交感神経が優位になるため、興奮状態になってしまい、眠りにつきにくくなるため、要注意です。

身体を温めてから、少し冷えてくると眠れます。睡眠不足は、頭皮の血流にも影響があるため、質の良い睡眠を取ることをオススメします。

表情筋マッサージ・ヘッドマッサージ

低体温は血流が悪くなり、頭部に血液が届きにくくなります。血液は、細胞に酸素や栄養を届け、老廃物を回収する役目を担っています。表情筋マッサージやヘッドマッサージ・頭蓋骨矯正を行い、頭皮だけを解すだけではなく、顔の表情筋を解すことで頭部の血流を促進しましょう。また、筋肉は血液を流すためのポンプの役割を果たしています。表情筋マッサージは、表情筋を鍛えるのも解すのが先に行うことで筋肉が使いやすいため、毎日続けることが大切です。通勤時間や仕事の合間、バスタイムなど、いつでもどこでも表情筋を解すなど、頭皮に血流が届くように心掛け、体温を36度台をキープしましょう。

お昼に少し横になることがポイント!

起きているときは、頭が常に上にあるため、血流が悪くなっています。可能であれば、お昼に頭が心臓と同じ高さになるように、横になることをおすすめします。フラット状態にすることで代謝率が経っているときの3倍になりましす。

免疫力をアップさせることにもつながります。

習慣にすることで、内臓が元気になるにつれ、肌トラブルが解消し肌艶が増します.