口臭を解決する毎日の習慣

誰かと話している時に口臭を感じると、嫌なものです。気づいていないのなら指摘してあげたいと思えど、臭いの問題はなかなか本人には伝えづらい。ということはもしかして、自分も臭っているのかもしれない、と心配になった経験もあるのではないでしょうか。

効果抜群?ブレスマイルウォッシュ

昨年からのコロナ禍でマスク着用が当たり前となり、他人の口臭よりも自分の口臭に気づく機会が増えているとも言えます。

口臭の原因は、ドライマウス、歯周病、虫歯、胃腸の働きが低下していることなど様々です。特に胃腸の具合が悪いわけでもなく、歯磨きもしっかりしている、洗口液も使っているのに口臭がある場合、普通の歯ブラシでは取りきれない、歯の間や歯周ポケットに残った歯垢から細菌が繁殖し、臭いを放っているケースがあります。

これを解決するには、通常の歯磨きに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシで1日1回は全ての歯間から歯垢を除くことが欠かせません。さらに、タフトブラシ(毛束が一つの小さなブラシ)で普通の歯ブラシでは角度的に磨きにくい部分を掃除するといいでしょう。

年齢とともに歯茎が少しずつ下がり、歯間のスペースが増えて歯垢が溜まりやすくなります。フロスまたは歯間ブラシ、タフトブラシでの歯間掃除は中高年以上には必須と言えるかもしれません。

歯垢を丁寧に除くことは歯周病や虫歯の予防にも繋がり、将来的に歯を失うリスクも減らすことができます。できるだけ早くから、面倒くさがらず習慣にしたいものです。