地元の花火大会へ都会の彼と!

私の地元の花火大会が、毎年夏にあります。大きな花火大会なので、地元のみんなは心待にしている、なかなか大きな行事のひとつです。私は当日、東京から仕事で来ていた彼と付き合っていました。私の地元は、車があればなに不自由ない地域で、そこで生まれ育った私にとってはさほど田舎だとも思わないのですが、東京からきていた彼にとってはかなり田舎だと感じていたようです。

シングルマザーの婚活ナビ | シンママ向けの出会いの場で結婚しよう!

花火大会当日、私は浴衣を着て、彼は甚平を着て、二人で仲良く会場までいきました。私は何度も見てきているので、さほど驚かないのですが、彼が驚いたのは人の数です。「ここって、こんなに人いたの?いつも出歩いても数人しかみかけないし、バスも一時間に何台もこないのに、こんなに人集まる?人の数に驚いた!」と、花火の前に人の数にビックリしている彼でした。もちろん、花火も真下で迫力のある距離感で見ることができて、とても良い思い出になりました。

でも、彼はその後も何度も、夏の花火の話をすると、花火よりも人が集まってくる人数に驚いた話ばかりをしてきます。私の地元を、どんなに田舎だとおもっていたのでしょうか。東京と比べたらそりゃ人数は少ないかもしれませんが、それなりに人も行事もたくさんな私の地元なのです。