鏡の映り方でもだいぶ変わる薄毛の印象

髪が薄くなってくると、事ある度に頻繁に鏡をチェックしたくなってくるものです。
どれだけ薄毛が進んでしまっているのか?自分が変に思われてはいないだろうか?等等、様々な不安や疑心暗鬼、自信の無さがそうさせてしまうのです。加齢と共にそれらのストレスも軽くなり、気にならなくなるだろう・・・

ニューモ育毛剤は評判が悪い?!真の効果と衝撃的な口コミをこっそり暴露!

始めのうちはそう思っていましたが、現実は今も昔も全く変わらず、近くに鏡があれば自意識過剰な程に自分の顔を覗き込んでしまいます。
あまり顔を近付けて鏡を見ると、想像以上に薄毛が進行してしまっている様に見えます。実際は遠近法により、手前にある顔面や薄い額の部分が拡大されて見えるだけなのです。鏡から離れその事に気付いてからは、少しだけ気分も楽になりました。

またその事に気付いて以降、面接写真や証明写真でいわゆる証明写真機を用いる事は殆ど無くなりました。
証明写真機の場合、やはりカメラが顔面にかなり接近してしまう為、カメラレンズに最も近い顔面や額が相対的に大きく写ってしまい、薄毛をより強調させてしまうのです。

一方写真館に依頼すればカメラの位置も顔面からだいぶ遠く、顔面や額が大きく写る弱点も無くなります。また機材も上質な上にレタッチも上手く、髪の毛が薄くともだいぶマシに仕上がります。現在証明写真が必要な時には、必ず写真館で撮ると決めています。