2人目のスピード出産の話

予定日超過1日目となる午前3時30分、お腹の張りで目を覚ます。ベルタママリズムで始める私の妊活!使用感や口コミ、最安値などの気になる情報をお伝えします

前駆陣痛かなと様子を見つつ横になって休むが眠れない。10分間隔くらいで張りがくる。

午前5時:

前駆陣痛なのか本陣痛なのかわからず、いつもより張るしお腹も痛い。眠れなくて胡坐をかいて過ごす。実家に帰っていて、ちょうど泊りにきて隣で寝ている旦那に「もしかしたら陣痛来たかも」と声をかけるが、「あ、じゃあ病院行く?」と言いつつも寝る旦那。なんでやねーん。

午前6時:

段々とお尻のほうもじんわりと熱くなってきたけれど、1人目を出産した時は破水→陣痛促進剤使用の流れだったので、これがただの便意なのか陣痛なのかわからない。

お腹も空いたし、別室で寝ていた母親を起こし状況を話すと「あんたそれ陣痛だわ。」とシュパッと起きて朝ご飯の準備を始める母。

午前6時40分:

7~8分間隔となり、産院に電話すると「うーーん、どうしよっかなー。まぁ経産婦さんだし来てください。」と言われたので旦那を起こす。まだ寝てたのか。

午前7時:

痛みが5分間隔となり、『マズイ!!』と思い、髪の毛セットしている旦那を急かして産院へ向かう。

午前7時10分:

産院到着したら何故か陣痛が遠のき、NSTつけても張らないお腹。何故…。

助産師さんが「この感じだと3cmくらいかな~」と内診すると、まさかの5cmも子宮口が開いていて助産師さん驚愕の表情。

午前8時:

分娩室に呼ばれて院長の診察。院長にこにこしながら「本当は痛い時に内診したいけど、ごめんよ~。」と張りも痛みも無いのに、院長混信の内診が始まる。

「痛いーーーーー!!!!!痛い痛い痛い痛い!!!!!!」と『これが有名な内診グリグリか…』と叫びながらの思う涙目の私。直後張りと痛みが戻るというより倍増…。

「はい、ご主人と少し歩いておいで。それから朝ご飯ね。」と院長。この時点で『昼まで続くのかこの痛み…』ともう心が折れそうな私。

旦那に思いっきり腰をさすってもらいたいのに、なぜかふんわりソフトタッチする旦那。「もっと強く!!もっと!!」と痛すぎて怒り出す私に困惑しつつも力を入れる旦那。20分間くらい産院内をヨタヨタ歩くけどもう痛すぎて前になかなか進まない。陣痛間隔も体感で1~2分くらい。『まだ降りてくる感覚がないからまだ時間かかる。ちょっと疲れた…眠い…横になりたい…ああああああああ痛いのキターーーーーーーー!!!!!』というのを2~3回繰り返しもう限界。

午前8時30分:

分娩室の手前の部屋に戻り横になる。

旦那に『テニスボールで思いっきりお尻押して!!腰さすって!!』と言いたいところで院長来室。

「もうすぐ外来始まるからね、駐車場に停めてある車を離れた場所の駐車場に移動させてくれる??」と言われ旦那が席を外す。『えええええええええ!!!!今なの!?もう相当痛いんだけど!!今行かないでーーーー!!!』と心の声。仕方ないので私は1人テニスボールの上に腰をおろし、痛みに耐える。この時点で『ん?なんかいきみたい…??』と若干感じる。

午前8時40分:

旦那が「おまたせー。」と戻ってきた瞬間、『やばい!!いきみたい!!』とナースコール。助産師さんが来て「ちょっと内診させてー。」と言われた途端にぐぐっと降りてきたのを感じる。すかさず助産師さんがスパンっと股に手を入れる。「あーもう駄目だ、車椅子で行くよ。」と強制的に分娩台へ連れて行かれる。分娩台へゴロンとした途端4人ほどの看護師さんと助産師さんに囲まれて、あれよあれよと出産準備が始まり、「院長――!!もう全開ですーーー!!」と内線しているのが遠く聞こえ、ものすごい便意とともに『これだこれだキターーーーーーー!!!』と陣痛の本領発揮を思い出す。私は「あーーーあーーーーあーーーーーーー!!!!」と威勢のいいカオナシ状態。気づいたらガウン着た旦那が横にいたけれど、「もう頭出たよー。」と助産師さんに言われ、旦那も私も『ええ!?』と。

午前8時53分:

どぅるんと生まれた娘、生まれた瞬間からものすごい大きな産声。

院長を始め、助産師さん、看護師さん皆「はや…。」と一瞬ものすごい疲労感がみえた。

その後院長に「ご主人、お産というものはこんなものではない。」と懇々と説明を受けていた旦那でした。

元気に生まれてきてくれて何よりですが、スビート出産過ぎて周りでは笑い話。

友人に「分娩台乗って10分で出産て、トイレじゃないんだから(笑)」と言われたことは死ぬまで覚えている言葉でしょう。