大人の肌ケアで大切なこと

私が自分の肌の衰えを一番感じてしまうとき。それは夜、子どもと並んで歯を磨いている時かもしれません。http://www.isodp2017.org/

入浴後は身体が温まって血行が良く、肌の潤いも比較的良い状態なのですが、それでも10才前後の子どもの肌と比べるとどうしてもシミやシワが目立ちます。

子どもよりも20年も30年も長く生きているのですから、当然といえば当然のことですが、私にとって夜の歯磨きタイムは「私も老けたな」と人知れず落ちこんでしまう時間なのです。

子供と大人の肌の違い。それは水分量と言われていますが、大人になると、肌に水分を溜め込んでおく力はずいぶん失われてしまうようです。

特に冬の乾燥する季節にはそれが顕著に感じられ、いくら保湿性の高い化粧水をつけても、なかなか肌が潤いを保ってくれません。

そんな私ですが、最近、水分より油分を補うことで、肌の潤いをキープする方法があることを知りました。

知ったきっかけは主婦向けの情報誌だったと思いますが、化粧水をつけたら、必ず乳液やクリームで水分を閉じ込めることの必要性が書かれていました。

そして食事や睡眠にも気を使うこと。

肌表面のケアだけでなく、身体の内側から整えることで、全身の血行も良くなり、肌の状態も改善するというものです。

若いころには不摂生をしてもあまり肌に影響は表れませんでしたが、大人になると、生活全般に気をつけなければ健やかな肌は維持できないのだな、と感じた出来事でした。

皮膚の上には血管が浮き出て、シワも目立ってきました

わたしは痩せているほうなので、ふっくらとしてお肉がからだについていません。

レナセルクリアセラムの効果と私の口コミ!実店舗での市販状況などもご紹介!

その為に、手などをみても血管が浮いて見えているのです。

若い時などは今の様にまでには、なっていなかったと思うのです。

こんな血管が浮き出た手の皮膚は、人が見てもちょっと目を止めると思うのです。

以前踊りを習っていた時に、同じ年代の女性の先生がこうおっしゃいました。

「手を上にあげて左右に振るだけで、手の血管がわりときえるのよ」とです。

まだその頃は、わたしは若かったけれど、

言われた通りにやってみました。

やはり手の皮膚に浮き出た血管は、消えていき嬉しかった事を思い出します。

現在はその頃よりも、手の皮膚に血管が浮き出ているので、

もっと嫌な思いをしています。

きれいな皮膚に見せようと、ぶらぶらっと左右に手を振りますが、

若い頃の様に、皮膚に浮きでた血管は消えていかない様に思うのです。

首の辺りでも、痩せているので血管が見えているのです。

またその横の辺りは、すじが目立っているのです。

足の皿の上の皮膚には、たるんできているために横に5本位の

シワが目立っています。

(あー、皮膚に上のシワと血管がなかったら、若く見えるのに)と

実物をみて嘆きます。

年齢を重ねても、皮膚にはシワがなく血管が浮き出ていないことを

望んでいる毎日です。

お肌に優しい生活を送りたい

年取ったなあって思います。

自分の肌を見たときに。

こんなところにシミなんてあった?

なんかくすんでる?

クマが…

http://www.rebeccawestcottwriter.com/

毎日見てるはずなのに

お肌のちょっとした変化って意外と気づかないものです。

シミとか毛穴の黒ずみとかって時間をかけてゆっくり進行してくるから

年を重ねるごとに目立ってくるのは分かるんですけどね。

進行を阻止することはできません。

今までお肌に優しい生活を送ってきたわけでもなく

かと言って今はそうなのかと言われても

うん、とは言えない。

仕事上、生活は不規則になるし

健康や美容を意識した食生活を送っているわけでもありません。

ストレスは当然溜まります。

もちろん肌も荒れます。

こんなストレス社会の現代で

規則正しい生活とか健康的な食事とか

お肌に良い食生活とか体力作りとかうたってる企業やCMを見ると

何故か腹が立ちます。

それはそこに時間やお金や自由をかけることができる人達がやれることだから

当てはまらない私は必要最低限でやるしかないのです。

新たなシミを作らないように日焼け止めは必ず塗って

しわ対策に表情筋を動かしたり

洗顔はちゃんとクレンジングをするとか

これくらいしかできないです。

エステに行けたらいいのですが

そんな余裕はないので

地道にコツコツお肌に優しい生活をするのみです。

秋のお出かけは、動きやすいゴムパンツで

秋の季節、外に出て気持ちいい秋の風に当たりたいものですね。
出掛けていくとき、私は服にちょっと気合を入れます。でも、近所のスーパーに買い物に行くぐらいのお出かけなら、そこまで気合を入れるほどでもないですね。私が手に入れたゴムパンツが最近、お気に入りです。

http://www.henri-courseaux.com/

中学生のとき以来、チャックやベルトの付いていない簡易的なズボンを穿いていませんでした。いつもベルトでキュッと締めて穿く、ジーンズのようなパンツばかり穿いていました。このパンツはたしかにベルトがオシャレに見えたり、ところどころ破れていたり、色が落ちている生地の色合いがまたカッコイイのですが、穿くときにベルトをしてチャックを閉めるという手間がかかります。

家族がたまたま穿いていたゴムパンツを見て「それ、いいね」と言ったのを家族が覚えていて買ってきてくれました。私にとっては、かなり久しぶりのゴムパンツでしたが、柔らかく、その穿きやすさに感動さえ覚えました。ゴムなので、ベルトもチャックもありません。グレーで側面にタテ一本入った黒のラインがオシャレなパンツでした。

穿きやすく、動きやすさが特徴ともいえるゴムパンツにハマりそうです。これは気に入りました。遠出にはちょっと向いていないかもしれませんが、秋の紅葉を見に、ちょっと近くに出かけるには最適なパンツと言えそうですね。

アザが出来やすくなって

中年ですからね・・・それなりに肌について言いたいことはありますよ。シワだってあればシミだってある。おまけにアザが出来やすくって困っているんですよ。

FACEEリキッドセラムプラスは効果あり?私の口コミ体験談を辛口評価でお届け!

アザは昔から出来やすかったのですが歳を重ねるごとにアザの数が増えています。このところ毎日のように膝小僧にアザがあるのですがどこでぶつけたのか思い出せないんです。記憶力が低下しているからかあまり気にしなくなったからなのか、アザをどこで作ったのか記憶に残っていないのだから笑ってしまいます。

足にアザをいくつか見つけることがあるといい加減ドキッとします。アザが出来るということはそれなりの強さの衝撃があったはずなんですよ・・・。むかしはアザが出来るといちいち家族に見せていて、家族からどこにぶつけたか聞かれてそれについて答えられていました。

それがどこでぶつけたのかさっぱりで・・・。だからあちこちアザがあってうかつに足を見せられない状態なんですよ。なんだか注意散漫になっているんですかね?それとも傷みに強くなったのか・・・はたまた皮膚が薄くなって少しの刺激で簡単にアザができるようになってしまったのか。シワもシミも気になるけれど最近の悩みは自覚のないアザなんです。

肌荒れをしっかりと改善する

肌が荒れてしまっている人にとっては、それを改善する方法があれば積極的に実行したいと考えるのは実に当然であると言えるでしょう。

ではどんな方法があるのかということですが、簡単にいえばターンオーバーを改善させるということです。

アスハダの最安値通販は?購入して使用した効果と口コミ体験談!

肌は一定のサイクルで新しく生まれ変わっており、このサイクルをしっかりと意識して強くさせるということによって肌の荒れている状況というのを回復させることができるようになります。ターンオーバーのサイクルが通常よりも長くなってしまうということになりますがいつまでたっても古い角質細胞が残っていていきます。

そして、角層部分が厚くなっていく、ということになりますから、これは注意したほうが良いことになります。

肌の回復力というのは辞めると言うか強めるということができるようになればからあれくらいならば、かなり早く改善することができたりすることも多いです。

肌のターンオーバーは、どのようなことで改善させることができるのかということなのですが、日々の食事や生活習慣と密接ですから、そのあたりを改善するようにしたほうがよいでしょう。

肌荒れはそうしたことからアプローチをすることにしましょう。それがベストです。

ムダ毛処理後、肌の保湿をしていない人要注意!

皆さまは、腕やすねなどのムダ毛をカミソリで処理した後、保湿していますか?

ムダ毛処理だけでも面倒だし、そのまま放置…という方が多いのではないでしょうか。

しかし、ムダ毛処理後の肌は非常にデリケートで、保湿しないと赤み・かゆみが起き、だんだんひどくなってしまいます。

正しくケアして、お肌全身つるすべになりましょう!

アスハダの効果

1.毛を剃った後どうして保湿が大事なの?

実はカミソリで毛を剃ると、肌の一番外側にある「角質層」まで剃ってしまいます。

この「角質層」は、お肌を守るためにとても大切な働きをしています。

角質層まで剃ってしまうと、その下の肌が外部にさらされることになり、乾燥したり刺激に敏感になったりしてしまいます。

そこでボディミルクやクリームを塗って、お肌を保護する必要があるのです。

2.赤み・かゆみが続く…なかなか治らないときは?

ムダ毛の自己処理を繰り返すと、肌にポツポツとした赤みができてしまったり、かゆくなってしまうことがあります。

そうなったときは要注意!かゆいからといって掻きむしるとますますかゆくなってしまい、それが治りにくくなってしまいます。

そんな時はかゆみを鎮静化する成分が入ったクリームを活用しましょう。

おすすめは「メンソレータムAD」。

クロタミトン・リドカイン・ジフェンヒドラミンの3つのかゆみ止め成分が配合されています。

面倒なムダ毛処理だけれど、その後保湿する習慣をつければ、お肌の調子がよくなること間違いなしです。

顔だけではなく体もしっかり保湿して、つるすべ肌を目指しましょう!